消費者金融で総量規制対象外!審査も通りやすい

スポンサードリンク





総量規制対象外で審査の通りやすい消費者金融とは

総量規制対象外の消費者金融ってどんなキャッシング

 

 

最近よく耳にする『総量規制対象外の消費者金融』

 

これって一体どんな消費者金融であり、キャッシングなのか?

 

 

 

 

「総量規制対象外」・・・てなんか小難しそうな漢字が並んでいるので、いまいちピンと来ない人も多いかと思います。

 

 

 

 

ここでは、小難しい事は抜きにして誰でも分かりやすく簡単に書いてみます。

 

 

総量規制対象外の消費者金融とは「年収の3分の1以上借りれる消費者金融のキャッシング」です

 

 

 

 

例をあげると・・・あなたが年収400万円だとしたら、総量規制対象外の消費者金融ならば、その3分の1である120万円を超える金額を借りれると言う事です。

 

 

 

では総量規制って一体何だろう?

 

 

 

 

では、それ以前に「総量規制って一体何?」と疑問を持つ人も多いでしょう。

 

 

総量規制は近年消費者金融で定められた規制法です。

 

 

 

 

個人や消費者のお金の借りすぎを防止するための法律

 

 

 

 

昔、消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた頃は際限なくお金を借りれた時代がありました。

 

 

年収の低い人や、専業主婦などでも消費者金融はバンバンとお金を貸しておりました。

 

 

 

しかし、その結果どうなっただろう??

 

 

 

 

お金の借りすぎによって多重債務問題を引き起こし、自己破産が増加し債務整理者が激増して過払い金問題に発展した・・・。

 

 

その結果、消費者金融の借り手も貸し手も大きなダメージを負って社会問題になりました。

 

 

 

『やはり返済能力に見合わない融資はダメ!』・・・・・と言う事で国は総量規制という法律を定めました。

 

 

そう、つまり総量規制とは貸金業法により、消費者が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。

 

 

その制限が「年収の3分の1』という訳です。

 

 

 

だから、現在はどんなに審査の甘い消費者金融でも、どんなに激甘なマイナー金融でも総量規制という法律があるので、年収の3分の1を超える金額は貸せない事になっているのです

 

 

 

だから、あなたがもし新規で消費者金融からお金を借りたくても総量規制という法律のために、年収の3分の1を越える借金はできないのです(住宅ローンやマイカーローンは例外)

 

 

 

例えばあなたの年収が400万円の場合、他社の消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで既に年収の3分の1である120万円を借りていたら新規の融資は出来ません!残念ながら・・・・

 

 

 

これを聞いてガックリしてしまった人もいることでしょう・・・。

 

でも、仕方ありませんよね、法律だから。。。

 

 

 

 

しかし法の抜け穴もある!!総量規制対象外の消費者金融の存在について

 

 

スポンサードリンク