債務整理中でも借りれる審査の甘い消費者金融をズバリ

スポンサードリンク





債務整理中でもお金が借りれる消費者金融はあるのか?

債務整理者予備軍は多重債務者から生まれる

 

 

昔から消費者金融の多重債務者が後を絶ちません。

 

 

次から次へと融資を繰り返して気がつけば多重債務者・・・・・そんな人が実に多いのです

 

 

 

 

そして多重債務者が何の対策も立てずにいると、ゆくゆくは自己破産や債務整理ということになります。

 

 

 

おまとめローンとか使ってもっと早く、手を打てば良いのですが人間は借金の事になると、ついつい現実から目を背けてしまい後回しにしてしまうのです。

 

 

 

さて、そんな借金の悩みですが、債務整理中になっても悩みが尽きない人がおります

 

 

それは、債務整理中にお金が必要になってしまう人がいるからです。

 

では、実際に債務整理中でもお金が借りれる消費者金融ってあるのでしょうか?

 

 

 

債務整理中に審査が通る消費者金融はあるのか?

 

 

 

これは極めて難しいと言わざるを得ません。

 

 

確かにブラックリストでもお金が借りれるような消費者金融会社は全国に何社もあります。

 

 

 

実際に「ブラックでも借りれた!」という声を多く聞きます。

 

 


しかし、この「ブラックリストでも借りれた」というケースのほとんどが「過去に自己破産や任意整理などをして、既に解決した人」です。

 

 

 

つまり、「自己破産をして既に免責後の人」、「任意整理をして既に完済した人」のケースです

 

 

 

 

上記のケースは自己破産免責後や任意整理で借金完済後の5年間は信用情報にブラックリストの履歴が残ります(5年後は消えてホワイトになります!)

 

 

 

そう、つまり借りれている人とは債務整理後のブラックリストのケースの人達です

 

 

 

しかし、現在自己破産の手続き中(免責していない人)や任意整理中(返済中)のいわゆる債務整理中の人は、新規で消費者金融からお金を借りるのは極めて難しいと言わざるを得ません。

 

 

 

よって債務整理中でお金を貸してくれるような消費者金融はめったに無いと考えた方が良いですね。

 

 

中小の激甘審査の消費者金融の中にごく稀に、債務整理中でも貸してくれるような所もありますが、全体としてかなり少数です。

 

 

 

従って現在、債務整理中の方は無理に新しいところで借りるよりも借金を任意整理で完済するか自己破産でチャラにするかして、完全に『債務整理後の状態』にしてから新規の借金を検討した方が良いです。

 

 

 

 

債務整理中と債務整理後では借りれる業者数も全然違ってきます

 

 

当然、債務整理後の方が借りれる確率はずっと高いです

 

スポンサードリンク