水商売は高収入でも消費者金融で審査が通り難い?借りれない?

スポンサードリンク





水商売はいくら高収入でもお金は借りれない?!審査は不利って本当?!

ぶっちゃけ水商売の人は消費者金融でお金が借りれるのか?高収入のお水の人ならば借りれそうに思えるが・・・・

 

 

水商売の人って消費者金融でお金を借りれるのか???

 

 

 

水商売に携わっている人でお金を借りたい人は気になることですよね?

 

 

 

 

水商売といっても色々仕事がありますよね?

 

 

 

例をあげると・・・・キャバクラ嬢、高級クラブ嬢、スナック店員、スナックのママ、ホストクラブ、ガールズバーなどなど

 

 

 

一般的に、水商売の人は時給も高く、収入もそこそこ高そうな感じがしますよね。

 

 

 

指名が多く取れて、人気のある水商売の人ならば、サラリーマンよりもはるかにお金を稼げるケースもあるでしょう。

 

 

高収入だから消費者金融でも簡単に審査が通りそうなイメージもありますよね?!

 

 

 

 

 

しかし、現実はそう甘くはありません。
消費者金融会社は水商売の人には審査は渋めにします。

 

 

 

何故かと言いますと、水商売の人は確かに収入は多いかもしれませんが、安定性に欠けるからです。

 

 


そう水商売は毎月の給料は良いかもしれませんが、年収はそれほどでもなかったり、毎月の給料にバラつきが激しかったりするのです。

 

 

 

 

指名を取らないとすぐに首になったり、職場の人間関係がドロドロしていたり(女の世界だから・・男のホストの世界も・・・)、すぐに仕事を辞めてしまったりするのが水商売では日常茶飯事です。

 

 

 

 

そんな現実もあるので、水商売はいくら給料が良くても離職率が高く仕事が不安定でダメなんです

 

 

 

今月の月収は良くても来月の月収は半分以下というケースもあるでしょう。

 

 

 

 

また、仕事場の人間関係やノルマが嫌になってすぐに辞めてしまって、しばらく無職状態が続き、2〜3か月後にまた水商売に復帰する・・・そんな人も多いです

 

 

 

 

だから月収が良くても年収はあまり大したことがない水商売の人も多い

 

 

極めて毎月の収入の安定性に欠けるのが水商売。

 

 

 

そんなわけで・・・・水商売やっているキャバ嬢よりも普通のOLさんの方が月収は低いでしょうが、消費者金融会社は審査の時は普通のOLさんを信用するわけですね。

 

 

 

当然、月収の高いキャバ嬢よりも低収入でも毎月安定収入があるOLさんの方が審査が通りやすいのです。

 

水商売は消費者金融の審査は不利と心得ておきましょう!!

 

 

 

どの消費者金融の公式ホームページを見ても、貸付条件で共通している点は・・・・・『毎月安定した収入がある方』です。

 

 

 


時給が高かろうが、日給が高かろうが、指名が多かろうが、収入が安定していないのが水商売

 

 

こういう点では、水商売に限らず自営業の方も同じことが言えて自営業も消費者金融の審査では不利といえます

 

 

 

 

水商売は消費者金融で誰もが全く借りれないわけではない

 

 

 

では、『水商売の人は誰もが消費者金融でお金を借りれないの?』・・・・という疑問を持つ人がいるでしょう。

 

 

それに関しては、水商売の人が全く消費者金融でお金を借りれないというわけではありません。

 

 

 

中には水商売の人でも借りれる人はいますし、実際に借りている人も私は何人も知っております、

 

 

 

 

あくまでも水商売の人は消費者金融の審査が不利と言うわけであって、誰もが借りれないと言う事ではありません。

 

 

水商売の人が消費者金融でお金を借りれるケースは以下の場合です

 

 

 

 

水商売でもお金を借りれる人の例

 

1)水商売でも勤続年数が長くて、その勤続年数を証明出来る人(数年分の給料明細や源泉徴収票などで)

 

2)収入が安定している水商売の人で、その収入安定性を証明できる人(源泉徴収票などで)

 

3)過去のクレヒス実績ある人(クレジットカードの利用実績が長くて良い人)

 

4)審査の甘い消費者金融を選んで申し込んでいる人

 

5)他で借金をしていない事

 

 

 

 

以上の条件を満たした水商売の人ならば消費者金融でお金を借りやすいですね。

 

 

 

要するに、審査の甘い消費者金融を選び、自分の勤続年数の長さを証明でき、自分の収入安定性を証明でき、過去のクレジットカードの利用履歴に問題なくて、他社で借金をしていない人ですね!

 

 

 

1の勤続年数ですが、審査の甘い消費者金融といえども最低1年以上の勤続年数は欲しいですね。

 

12か月分の給料明細や去年の源泉徴収票などを本人確認書類と共に提出できれば審査はかなり通りやすくなります

 

 

 

2)の収入安定性に関しても同様です。

 

収入証明で自分の収入安定性を証明できればOKです

 

これも1)と同様に最低12か月分の給料明細と去年や一昨年などの源泉徴収票で収入安定性をアピールできます。

 

 

3)のクレヒス内容も消費者金融の審査に影響を及ぼします

 

 

水商売のあなたがクレジットカードを使っていて、過去に延滞や不払いなどのトラブルや事故歴などがなくて、毎月しっかりと返済していれば、それだけでプラス評価となります

 

 

消費者金融会社は通常は審査時にあなたの過去のクレジット履歴を「個人信用情報機関」に照会して確認を行います

 

 

4)の消費者金融選びも大事です!

 

水商売の人は審査の厳しい消費者金融に申し込んでしまってはなかなか審査に受かることはありません

 

出来るだけ審査の甘い消費者金融を厳選して申し込みをする必要があります

 

 

 

そして5)の借金の残高です

 

あなたが他社の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借金を既にしていると、それだけで審査に不利となります

 

他社3件以内に抑えておくことが大事です

 

 

 

 

水商売の方が確実にお金借りるならば出来るだけ借金件数は1〜2件かゼロにしておきたいところです

 

 

 

以上、水商売でもお金を借りれる人の例を書いてみました

 

参考になったでしょうか?

 

 

スポンサードリンク