アルバイトでも借りれる銀行系の激甘消費者金融

スポンサードリンク





アルバイトOKの激甘審査の銀行系消費者金融

銀行系消費者金融・・・・・そう聞くと審査のハードルが高そうにも思えます。

 

 

しかし、実際にところそんなことはありません。

 

銀行系消費者金融はそれほど審査が厳しいとは思えません。

 

 

 

なぜなら銀行系という冠(グループ)は付いておりますが、中身は実質消費者金融であり、審査基準も消費者金融と同じだからです。

 

純粋に昔から銀行系の消費者金融であった「モ〇ット」などは消費者金融並みに審査が甘いです。

 

アルバイトやパートでも借りれます。

 

自営業者でも借りれます。

 

 

 

また、もともと大手消費者金融会社だったけど途中で銀行系消費者金融に鞍替えした「ア〇ム」、「プ〇ミス」、「ノーローン」なども今は大手銀行グループですが、審査はそれほど難しくありません。

 

アルバイトやパート、派遣社員、契約社員、自営業者の人も当然借りれます。

 

 

今では「大手消費者金融=銀行系消費者金融」と言っても過言ではありません。

 

大手で唯一銀行系に属さないのが「ア〇フル」一社のみです。

 

 

 

銀行系に属さないア〇フルが最近銀行系になったア〇ムやプ〇ミスと審査難易度に違いがあるのかと言いますと・・・・それほど変わりません。

 

どちらも、それほど審査が難しいとは言えません。

 

 

普通に働いていて毎月定期収入があれば審査に通るレベルです。

 

これがたとえアルバイトやパートでも。

 

住宅ローンや他のローンに比べれば銀行系の消費者金融は審査が激甘と言って良いのではないでしょうか?

アルバイトでも借りれる激甘審査の銀行カードローン

一方で銀行カードローン・・・・・・こちらは銀行系の消費者金融と混同されがちですが、そもそも業種が違います。

 

 

銀行カードローンはあくまでも銀行ローンであって消費者金融ではありません。

 

ただサービス自体は消費者金融と変わりません。

 

同じ担保、保証人不要で利用目的が自由なフリーローンと言う点では消費者金融と変わりません。

 

 

しかし、消費者金融の総量規制の縛りは受けず銀行法が適用されるので「総量規制対象外のローン」と呼ばれます。

 

通常、消費者金融の場合は総量規制の法律によって年収の3分の1までしか借りれませんが、銀行カードローンの場合は年収の3分の1を超える融資も可能と言われております。

 

 

また消費者金融では総量規制によって専業主婦は借りれませんが、銀行カードローンの場合は総量規制対象外なので借りれます。

 

 

 

これを聞くと審査が甘そうにも思えます。

 

そしてアルバイトでも借りれそうな気がします。

 

ただ、銀行カードローンは大手の消費者金融や銀行系の消費者金融よりも審査が少し厳しいと言われております。

 

だからアルバイトの人でもよほど勤続年数が長くて、ある程度まとまった収入が無いと審査に通らないでしょう。

 

 

 

審査がやや厳しいだけあってどこの銀行カードローンも金利が少し安いです。

 

金利が安い融資先はそれなりに審査ハードルが高いと思って良いです。

 

 

 

 

しかし、それでもやはり銀行カードローンの中には激甘審査のローンもあります。

 

 

これはマイナーな銀行のカードローンだったり一部の地方銀行カードローンであったり、IT系のネットバンク系のカードローンであったりします。

 

アルバイトの人や属性が低い人で金利が安くて貸付条件が良い銀行カードローンで借りる場合は、大手の都市銀行系のカードローンは避けて、地方銀行系やマイナー銀行系のカードローンを選んで申し込んだ方が幾分か審査が通りやすいといえましょう。

 

スポンサードリンク