消費者金融で激甘審査で借りれる!

スポンサードリンク





激甘審査の消費者金融とは?

激甘審査の消費者金融とは、審査の甘い消費者金融の中で更に審査が柔軟で通りやすい融資先をいいます。

 

 

『そんな金融があるのか?』・・・・・と思う人もいるかもしれませんが、意外に激甘審査の消費者金融は探せばあるものです。

 

 

そもそも消費者金融というローンはもともと庶民的なお客さんをターゲットにした融資サービスです。

 

 

かなり昔ですが消費者金融の事を「サラリーマン金融」とか「団地金融」とか「庶民金融」と呼ばれていた時代もありました(笑)

 

 

つまり万人向けに審査基準を落として気軽に借りやすく融資サービスを提供したのが「消費者金融」なのです。

 

 

 

だから昔も現在も大手だろうが銀行系だろうが信販系だろうが中小の街金系だろうが消費者金融は『もともと審査が甘いもの』であります。

 

 

 

そりゃ、アルバイトやパート、派遣社員、契約社員などの非正規雇用者の人ですら大手でも借りれるわけですから、やっぱり消費者金融は審査が甘いのです。

 

 

ただ、その消費者金融の中でも更に柔軟融資を行っているのが「審査の甘い消費者金融」であり、その審査の甘い金融の中で更に激甘なのが「激甘審査の消費者金融」という訳です。

 

 

 

ところで、激甘審査の消費者金融という呼び方をすると「闇金」とか「違法金融」「トイチ金融」をイメージする人もいますね。

 

 

しかし、ここでは違法な闇金については取り上げておりません。

 

 

あくまでも合法であり正規の消費者金融業者の範囲で「激甘審査」を語っていきたいと思います。

 

消費者金融の審査基準を知れ!

激甘審査の消費者金融について知る前にまずは、消費者金融の審査基準について知ることが大事です。

 

 

審査の甘い消費者金融も審査の厳しい消費者金融もどこも必ず「貸金法」、「総量規制」等の法律に従ってローンサービスを行わなければなりません。

 

 

まず日本の法律では原則的に未成年(20歳未満)はお金を借りることが出来ません。

 

例外的に親の同意があれば、お金を借りることも可能です。

 

 

しかし、多くの消費者金融ではたとえ親の同意があったとしても未成年はお金を借りることが出来ません。

 

 

 

次に、消費者金融でお金を借りる為には返済能力を有している必要があります。

 

つまり「働いていて毎月安定した収入がある人」・・・・それが必要です。

 

 

 

従って、どんなに激甘審査の消費者金融でも「無職・無収入の人」にはお金を貸すことはありません。

 

 

 

この業界では大手でも信販系でも銀行系でも中小街金系でも、どこの消費者金融業者でも申し込み資格者は「20歳以上で毎月安定した収入のある方」と条件を付けております。

 

 

 

これが消費者金融の審査基準の基本中の基本です。

 

 

この業界共通の「基本的な審査基準」を元にそれぞれの業者毎に細かい審査基準が色々設けられております。

 

審査が通らない人、お金を借りれない人

消費者金融でも審査に簡単に通る人もいれば、審査がなかなか通らない人おいます。

 

 

 

審査が簡単に通る人ひは理由があります。

 

そして、一方で審査がなかなか通らない人にも理由があります。

 

 

 

世の中の出来事は『原因と結果そして理由』が必ずあり明日。

 

審査が通らなかった人には、その通らない原因と理由があることを忘れてはいけません。

 

 

 

では実際に消費者金融で審査が通らない人は具体的にどんな原因と理由があるのか?

 

その原因と理由について書いてみます。

 

 

 

心当たりのある人は、この原因と理由を把握した上で自分を改善していきましょう。

 

そうすれば、今度は消費者金融の審査に通りやすくなることも多いです。

 

 

 

消費者金融の審査に通らない人の原因と理由

 

 

1)無職、無収入であること

 

これは審査が甘かろうが、審査が厳しかろうが関係なく無職者には審査に通ることはありません

 

 

 

2)多重債務が著しいこと(借入件数が多すぎる)

 

他社借入件数が4件以上になると審査が厳しくなる傾向があります

 

 

3)短期間(3ヶ月以内)に4件以上の消費者金融の申し込みをしまくっている

 

これはいわゆる申し込みブラックリストと言われます。

 

短期間に数多くの消費者金融に申込まくる人は「借り逃げ目的」と思われる事があり、消費者金融会社から警戒をされます。

 

 

4)現在、他社の消費者金融で延滞中であること

 

他社の消費者金融で3か月以上の延滞をしているとまず他社の新規の融資も難しいでしょう。

 

 

5)現在、自己破産の手続き中であること

 

自己破産をして免責を受ければ、ブラックリストではありますが借りれることもありますが、現在自己破産の手続き中だと免責前なので他社での新規の融資はまず難しいでしょう。

 

 

6)現在、債務整理中であること

 

債務整理が完全に済んで返済が終わればブラックリストではありますが、借りれる可能性があります。

 

しかし債務整理中は新規の融資はまず難しいでしょう。

 

 

7)専業主婦

 

昔は専業主婦でも借りれましたが、今は配偶者の同意が無いと法律では借りれません。

 

 

8)職場の勤続年数が短い(半年以内)

 

勤続年数が短い人は信用力に欠けます。

 

収入安定性も不安要素であり新規の融資は厳しいでしょう。

 

 

9)消費者金融の申し込みで嘘を書いた

 

申込書や申し込みフォームは正直に書きましょう。

 

ウソを書いてバレると一発審査落ちです!

 

 

10)総量規制に抵触している(年収の3分の1を超える借金を他社の消費者金融でしている)

 

2010年の総量規制の法律により、既に消費者金融等で年収の3分の1を超える融資をしている人は新規の融資は受けられません(例外もあり)

 

 

・・・・・以上に当てはまる人は消費者金融の審査が通らない人、通り難い人、お金を借りれない人となります。

 

勿論、上記の1〜10に当てはまる人でも稀に借りれる人もいますが確率的には難しいかと思われます。

 

 

タイプ別!激甘審査の消費者金融

激甘審査の消費者金融のメリット

激甘審査の消費者金融のデメリット

激甘審査の消費者金融で借りれなかった場合

属性別・職業別の激甘審査の消費者金融

事例別!激甘審査の消費者金融

消費者金融の歴史について

スポンサードリンク